スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西勉強会@京都あとがき

先日、クリパルティーチャー仲間で集まって、毎度恒例の勉強会をした。
いつもながら思うけれど、いい時間だった。

実際にクラスを行い、生徒役の人が良かった点と改善点を伝える“プラクティスティーチ”では、自分の中にある恐れと強さ、その両方を改めて客観視することができて、また一歩前に進めそうな気がしている。

そして、言いにくくてもきちんと自分の体験を通して「もう少しこうしてほしかった」と伝えてくれる人がいるというのは本当にありがたいことだと、改めて感じた。

私がクリパルヨガを好きな理由の1つは、ひとつのコミュニティであるということ。

私は本来ひとりで行動することが好きで、自分のやり方でやりたいタイプなんです。
けれども精神面も扱うヨガのティーチングにおいて私たちは、道の途中である以上、何かに偏ってしまったり、自分のエゴにのまれてしまわないように、慎重になる必要があると思うんです。

だからこそ、ティーチャー同士でシェアをしたりきちんとフィードバックをもらったりできるクリパルヨガの風通しの良さは、とても健全であると感じています。
(でもこういったオープンなコミュニケーションって、ティーチングに限ったことではなくって、クリパルヨガの目指すところなんですけどね)

次回の開催も楽しみです。
それまでに、今回出た課題を意識して、またひとクラス、ひとクラス、丁寧に向き合っていきたい。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。