スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマンズヨガ・リトリート 〜私の実りを受けとる 初秋の京都1泊2日〜

*このWSは都合により開催がキャンセルとなりました。

wy_autumn600.jpg



秋の訪れがわずかに感じられる9月の京都で、女性のためのヨガ・リトリートを開催します。
京都市左京区、比叡山の西麓に位置する会場で、自分自身と静かに向き合い、ケアする時間を持ちましょう。

この1泊2日のリトリートでは、「季節のサイクル」のうち、晩夏〜秋にフォーカスします。
「秋」は、収穫の季節。これまでの実りを受け取り、必要でなくなったものを手放すときです。
月の満ち欠けでいえば「欠ける月」、生理周期では「生理前」、女性の一生では「中高年期」にあたります。
季節のエネルギーは、充分に味わうことで、自然と次の季節に向けて変化していきます。

リトリートの始まりは、まだ熱気の残る「晩夏」のエネルギーから始まります。
ひとつのアーサナをある程度の時間保ち、じっくり行う「陰」と、呼吸に合わせて体を動かし、エネルギーを高める「陽」、それぞれのアプローチでのヨガを体験し、自分のペースで心身を和らげ、リラックスして、日常生活からリトリートへ、シフトチェンジを行います。

精油の香りに包まれて行なうマッサージや、自分の中にある女性性の象徴に触れるウーマンズヨガ特有のワークなど、アーサナ以外のツールも使って、一人ひとりのスペースを大切にしながら夜を過ごし、季節は秋へと移り変わっていきます。

2日目は、早朝の涼しい空気のなか、サイレントウォークで五感を開き、秋の陰ヨガや陽のヨガで、季節を味わいます。
また、この1年の前半部分を振り返り、これまでの成果と、手放したいものを明確にします。
気づいたことや感じたことがあれば、日常へと持ち帰り、活かしていきましょう。

女性同士の体験には共感できるところが多く、2日間を共に過ごし、シェアしあうことによって、繋がりや安らぎ、知恵を与え合う機会になるかもしれません。
家族や友達、恋人など、誰かのためではなく、私だけのために過ごす、特別な2日間。
ヨガが初めての方から経験者まで、すべての女性にご参加いただけます。


M_CsWomansYoga_02.jpg 


ウーマンズヨガとは・・・
元来、自然界に四季や月の満ち欠けのサイクルがあるように、女性には、生理周期や初潮から閉経期までの女性性のプロセスがあり、女性と自然は相互に影響を与え合っています。
しかし、現代の生活の中では、女性達が生きる環境は変化し、様々なストレス、緊張状態が続き、自分の女性性や自然のサイクルを感じることが難しい状態が多くなっています。

ウーマンズヨガでは、自分の内外に存在するサイクルに注意を向け、そのエネルギーに合わせたヨガや瞑想、呼吸法等を行い、女性同士がサポートし合うコミュニティを作ります。
女性が自然の一部であるという実感を取り戻した時、母なる自然から大いなるサポートを受けとり、女性としての自分自身への気づきや、癒しが起こります。

HP:Makiko & Chie's Woman’s yoga
*参加者へのインタビュー動画を掲載しました→

wy-4.jpg wy-5-02.jpg



ウーマンズヨガ・リトリート 
〜私の実りを受けとる 初秋の京都1泊2日〜



【日程】 2014年9月22日(月)〜23(火/祝)
(22日13:00に現地集合、23日16:30に現地解散)
 京都市左京区一乗寺竹ノ内町23 TEL:075-711-2115

【指導】 三浦まきこ、鈴木千絵

【定員】 10名〜最大16名

【受講費】
● シングルルーム利用(4室)
・通常料金: 33,180円
(内訳:プログラム参加費20,000円、宿泊費13,180円)

・早期割引: 31,180円【8月8日までのお支払い】
(内訳:プログラム参加費18,000円、宿泊費13,180円)

● ツインルーム利用(6室)
・通常料金: 32,180円
(内訳:プログラム参加費20,000円、宿泊費12,180円)

・早期割引: 30,180円【8月8日までのお支払い】
(内訳:プログラム参加費18,000円、宿泊費12,180円)

※ツインルームをお1人でご利用される場合は、2,600円の追加料金がかかります。
また、ツインルームは相部屋を希望される方や、ご友人同士での利用を優先させていただきますので、確実に1人部屋での宿泊を希望される方は、お早めにシングルルームをご予約することをお勧めします。
※宿泊費には、会場費と食事代(3食)も含まれます。

【持ち物】
ヨガマット、動きやすい服装、筆記用具、ノート、ハンドタオル、水筒またはマグ、その他宿泊の際に必要なもの
※フェイスタオル、バスタオル、パジャマ、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨きセット、ドライヤーは客室備品を利用できます。

スケジュールとプログラム内容(予定)

【スケジュール】

1日目
13:00 現地集合
13:30 プログラム1
17:30 休憩
18:00 ディナー
    自由時間
20:00 プログラム2
21:30 自由時間
22:30 就寝

2日目
6:30 起床、屋外でサイレント・ウォーク
7:30 朝食
    自由時間
10:00 プログラム3
12:00 ランチ
13:30 プログラム4
16:30 現地解散


【プログラム内容 ※順不同】

・陰ヨガ
・陽ヨガ(クリパルヨガ)
・瞑想
・サイレントウォーク
・音楽とやさしいダンス
・簡単なマッサージ
・女性性に触れるワーク
・シェアリング

※女性性に関わるワークが含まれますが、心理療法としてではありません。すべてのプログラムは、個々人が安心してできる範囲で行っていただけます。
※食事は体に優しい野菜中心のお料理です。アレルギー等ある方は、事前にお知らせください。
※自由時間にはロビーでお茶をしたり、散歩をしたり、お部屋でくつろいだりと、それぞれの時間をお過ごしください。できるだけ携帯電話やインターネットから離れた時間にすることをおすすめします。

【会場・宿泊先について】
関西セミナーハウス<修学院きらら山荘>
京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町23 TEL:075-711-2115
*アクセス方法はこちら

lobby01.jpg 00_img2.jpg
*写真は関西セミナーハウスHPよりお借りしました。


講師プロフィール
womenyoga400.jpg



teacher-coordinator-makiko.png三浦まきこ
米国クリパルセンター公認プロフェッショナルヨガ教師
インド政府公認シバナンダヨガ教師
ジャニス・クレアフィールドのマタニティヨガ教師
サラ・アヴァント・ストーバーのウーマンズヨガ教師

1970年生まれ。地元名古屋で大学卒業後就職、失恋をきっかけに心身のバランスを崩し、1994年ヨガと出会う。1998年末、新転地を求め上京。5年間の会社勤務の体験、人との出会いから、自分らしいライフスタイルの実現に踏み出す勇気をもらう。
2004年10月””muku yoga””としてヨガ指導を始め、2005年退職と同時に渡印、インド政府公認シバナンダヨガ教師養成コース修了。2005年12月東京都銀座にMUKU STUDIOをオープン。徐々にクリパルヨガ教師のあり方に対する共感が強まり、2006年10月よりクリパル・ジャパンの経営に携わる。2007年5月米国クリパルセンター公認500時間ヨガ教師トレーニング修了。
同2007年、山梨へ転居。2008年4月自宅にて出産。
母、妻、ヨガ教師という肩書き以上に、女性である自分自身に正直に、リアルであることを大切にしながら、ヨガ指導やスタジオ運営に関わっている。
趣味はレーズン酵母パンや酵素ジュースなど発酵ものづくりと歌を歌うこと。夢は地球との共生。

ブログ:クリパルヨガと山のある生活


chie_180.png鈴木千絵
米国クリパルセンター公認ヨガ教師
サラ・アヴァント・ストーバーによるウーマンズヨガ教師

1977年1月25日生まれ。東京出身、京都在住。20代前半に精神バランスを崩し、長く鬱やPTSDの症状に悩まされていた。2005年、少し気持ちが上向きになってきたことから、かねてより興味のあったインドを一人旅する。以来、インドの不思議な魅力にとりつかれ、渡印を重ねる。
長期滞在中の暇潰しに習い始めたヨガにも次第に夢中になり、より深く学びたい思いから、2007年にヨガの故郷リシケシにてティーチャートレーニングを受講。その後、聖地バラナシにてカメシュワール・パタック師より伝統的なハタヨガを学ぶ。
2008年の始めに、地元東京で三浦徒志郎の指導するクリパルヨガと出会う。ヨガ哲学を、必ずしもヨガ的ではないかもしれない日常の中でこそ活かそうとするクリパルヨガの考えに強く惹かれ、学び始める。同2008年の終わりに公認教師となり、翌春、結婚のため京都へ移住。2012年、米国クリパルセンターにてサラ・アヴァント・ストーバーによるウーマンズヨガティーチャートレーニングを受講。
現在、Yoga space SOLA主宰のほか、関西を拠点に、クリパルヨガとウーマンズヨガを指導している。
趣味は海外一人旅と、お茶をすること。

ブログ:CHIE_YOGA


【主催/予約・問合せ】
鈴木千絵 sola.kripalu@gmail.com

※ご予約の際は、下記の内容を明記の上、メールにてお申し込みください。
1. お名前
2. 当日の連絡先となるお電話番号
3. 部屋の希望(◎シングルルーム ◎ツイン/相部屋希望 ◎ツイン/ご友人と同室(ご友人のお名前も明記ください) ◎ツイン/1名で利用)

● お申し込み受付後、予約確認メールをお送りします。早期割引にてお申し込みされる場合は、8月8日までに受講費をご入金ください。
● 2、3日中に返信がない場合は、受信拒否設定になっていないか/迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認の上、再度ご連絡ください。携帯電話のメールをご使用の方は、上記メールアドレスからの受信を許可する設定にしてください。
● 開催1週間前の時点で最少催行人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただくことがありますので、ご了承ください。

【ご予約のキャンセルについて】
ご予約をキャンセルされる場合は、わかり次第お早めにご連絡ください。お一人でも多くの方にご参加いただけるよう、ご協力をお願いいたします。
キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、予めご了承ください。いずれの場合も、振込手数料はご負担願います。
・開催1週間前~前日:宿泊費相当(シングル 13,180円/ツイン(2名利用または相部屋希望) 12,180円/ツイン(1名利用) 14,780円)
・開催当日:100%


参加者の声

● 季節ごとに、みんなでサークルになって、自分の身体の声を聴く時間を持てるって素晴らしいことだなと実感しました。ひとりだと、なかなか気付けないことも多いし、シェアリングの中でみんなの体験を聴いて「わたしだけじゃないんだな~」とほっとしたこともありました。このような場を設けて下さったことに感謝です。どうもありがとうございました。

● 女性にフォーカスした内容全てがとても良かったです。季節のサイクルでは、身体で何となくは感じていたものの、実際に円を四季に分けて視覚を通して確認してみると、自分の体験、経験と繋がるところが沢山あり、すんなりと自分の中に落としこむ事が出来ました。
例え日常においてバランスをくずし不安定な状態になったとしても、それは自然な事と、そのままの在り方を尊重し、受け止めて、自分を信じたいと感じました。

● ヨガだけでなく、ジャーナリングを通して自分の心の中を整理できたことが良かった。日常で続けていけば、自分の行動や思考のパターンがどういうことからくるのか、気づいて行けると思いました。

● ウーマンズヨガのテーマに合わせ、女性のみだったこと(男性が一人でもいるのと女性だけでは違う!と感じました)
感情や人生のステージを季節に置き換える視点が新鮮で、分かりやすかったこと(慈しみも憎しみも、同じ夏エネルギーなんだと知り、安心しました)

● 自分が女性である事を実感できました。 自分で自分を癒したり、自分を慈しんだり、私にとっては難しいと感じる部分はありましたが、ヨガやシェアリング を通して、自分の体や心と静かに向き合えた事や、他の人と気持ちを分かち合えた事が嬉しかったです。振り返ってみると、この体験が癒しだったのかな?と思いました。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。