スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「研修リトリート wish Sudha」あとがき1

先週末から参加していた、クリパルティーチャーの研修リトリート。
アメリカのクリパルセンターからシニアティーチャーのSudhaを迎え、
50名ものクリパルティーチャーが全国から集まった。

ハイライトがたくさんありすぎて、どこから書いていいのかわからないのだけど、
記憶が新しいうちになにかしら記録しておこうかと思う。

まず、これまでの自分の歩みを振り返り、よくここまでやってきたなあと思う気持ち。
ちょうど最近そんなふうに振り返る機会が多く、どうやら私は今"節目"とやらにいるのかもしれない。

ヨガを始めて8年、クリパルティーチャーになって6年。
自信がなく、緊張しやすい私はまだしっかりと私の中にいるけれど、
なにしろ夢中になったらとことん突っ走るタイプなもので、
体験してきたことひとつひとつが自分の軸として確かに存在し、それが自分への信頼に繋がっているのだと感じる。

っていうか、私の本来の素質みたいなものは、私のことをよく知っている人は知っているだろうけど、
決して「おとなしいタイプ」なんかじゃないのです。
それを少しずつ、外の世界に表現しているところなのだろう。

リトリートの中では、「今後、どこにクリパルを届けたいか?」というテーマの元グループディスカッションをして、発表する場面があった。
なぜか私がグループのメインで発表することになったのだけど、
50人を前にして話をするとき、内心歓びを感じている自分がいることをはっきりと自覚した。

緊張はしたし、もうちょっとまとめてから話せばよかったとも思うんだけど、私、人前で話すの好きなんだなあ。
素の自分でたくさんの人の前に出ることは、自分が大きく広がっていくような感じがして心地がよいのです。


頼もしい、大好きな、同期の仲間。
Sudhaも一緒に2期生の「2!」

Sudhaは、「こんな風に年齢を重ねたい」と思わせてくれる素敵な女性でした。
落ち着きや安定感、誠実さ、ナチュラルさ、吸収したいものがいっぱい!
リトリート後は京都を旅行する予定だそうで、楽しんでいてくれたらいいな。

*あとがき2に続きます


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。