スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everything is going well.

先週末担当させてもらった、2回目の関西YTTサーダナ。

思うようにいかず、
悔しかった。

できるだけ、YTTマニュアルに沿うように、ああして、こうして、ここはこうなる癖があるから気をつけて・・・
そんなことでがんじがらめになっていたのかもしれない。

振り返ると、あの場に座ってからは、そういったものを一度ぜんぶ手放して、その場にゆだねるのがよかったのだろう。

前回の記事を書いたのが、サーダナ前夜。
あんな記事書かなきゃ良かったと思った(笑)

自分で書いといてなんだけど、あんな風には、とても思えなかった。


もやもやとしたまま一日が終わり、家に帰ったあと、悔しさと申し訳なさとが入り混じった感情の中で、
私は人から認められたいんだなあ、すごいって言われたかったんだなあ・・・と、痛感した。

それはきっと、自分で自分のことを認められないから。

そして私が向かう先は、ほかのだれかに認められることなんかじゃなくて、自分で自分を認めてあげること。

くそーーーって落ち込んでいる私に、
人から認められたい、すごいって言われたい私に、
蓋をせず、なにも足さず、なにも引かず、それでいいのだと認めてあげること。


大丈夫、これでいい。
このままでいい。


このあいだ知人が、私がヨガティーチャーという仕事をしていることについて色々と質問してくれた。

「趣味が仕事になっているようなもので、楽しくてありがたい」なんて答えていたら、
「でも、いいことばかりじゃないんじゃない?」って。
(ちなみにその方も趣味を仕事にしているような感じの人)

ああ、確かに、後悔したり自己嫌悪でしばらく立ち直れなかったり、いろんなことがあるなあと。
だけどそれらを全部ひっくるめて、私はクリパルティーチャーであることが楽しくて仕方ないんだなあ。
それってなんて幸せなことなんだろう。

改めて、そう思った。


クリパルで言う「エッジ」とは、"成長の最前線"とも表現される。
ときに大変さを伴うけれど、自分が一番イキイキできる場所。

大丈夫、これでいい。
このままでいい。
うまくいっている。

関西YTTはちょうど折り返し地点に差しかかるころ。
YTT生と共に、学び、成長していきます。

ytt_1.jpg
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。