スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり

miwa_chie_ws300.png

11/4に開催するワークショップ「ふたりのスペシャルクリパルヨガ」は、
ゆったりとスペースを使ってもらいたいという思いから、定員を16名と通常よりも少なめの設定にしています。
ご参加を考えている方は、ぜひお早めにお申し込みくださいね。

★ワークショップ詳細
http://suzukichie.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

思えばみわちゃんとふたりだけで開催するWSは、今回がはじめて。
みわちゃんは、神戸や明石、大阪で活躍するクリパルティーチャーです。

ティーチャートレーニングの同期で、受講している当時はそんなに仲がいいわけではなかったのだけど、
私の関西への引越が決まっていたこともあって、お互いになんとなく気になっていた(笑)、不思議な関係。

今は大の仲良しで、会うと本当に話が止まらない。
性格は、正反対だなーと思うところと、すごく似てる!と感じるところ、両方があります。

とても大好きで、尊敬する友人。

さて、そんなふたりで行なうWSのテーマは"癒し"。
ちょうど今読んでいる星野道夫の「旅をする木」に、神話学者ジョセフ・キャンベルのこんな言葉が紹介されていました。

 私たちには、時間という壁が消えて奇跡が現れる神聖な場所が必要だ。
 今朝の新聞になにが載っていたか、友達はだれなのか、
 だれに借りがあり、だれに貸しがあるのか、
 そんなことを一切忘れるような空間、
 ないしは一日のうちのひとときがなくてはならない。
 本来の自分、自分の将来の姿を純粋に経験し、引き出すことのできる場所だ。

もちろん普段のヨガクラスでもそうですが、いつもと違った場が、より自分への集中の助けとなるかもしれません。

そして、そんな場を作れたらいいなと思っています。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。