スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Indian evening〜クリパルヨガと北インド古典音楽ミニコンサート 詳細決定★

画像 039a

インドに滞在していたころ、少し暑さも和らいだ夕方から
夫や友達とインド音楽のコンサートに出かけることが時折あった。

それはお寺だったりゲストハウスの屋上だったり高級ホテルだったりと色々だったけれど、
夕涼みのような、お祭りにいくような、ちょっと胸躍る時間だった。

表通りの喧噪をくぐり抜けたその先にある、静かで、穏やかな時間。
心地よいインド音楽の音色、その中で私は、しみじみと「今」を実感していたのかもしれない。

画像 042a

9月23日、初秋の京都で、そんな雰囲気をシェアしたいという思いから、
ヨガとインド音楽のイベントを開催することになりました。

演奏は、シタール奏者の夫と、関西で北インド古典音楽の普及に努めるタブラ奏者の藤沢ばやんさんにお願いしています。

北インド古典音楽は、「ナーダヨガ(音のヨガ)」とも呼ばれています。
エゴを手放し、ヨガ的にいうと"プラーナ"を音として表現する。
だから、インドでは神様に捧げる音楽だったりもする。
ヨガと同じように、頭であれこれ考えずに、ただ、音の響きを感じてみてください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしています!

***

indian_evening_banner.png

秋の午後。
心身をゆるめ、解放させて、本来の自分に還っていきましょう。

穏やかでゆったりとしたクリパルヨガ・ジェントルで心と体をほぐし、夕刻からは、インド音楽ミニコンサート。
心地よいシタールとタブラの音色に包まれていきます。

お会いしたことがある方も、ない方も。
男女問わず、また、ヨガの経験の有無を問わず、どなたでもご参加いただけます。

***

【日時】9月23日(月祝) 15:00-17:30

【スケジュール】
15:00-16:50 クリパルヨガ・ジェントル & 音の瞑想
16:50-17:00 休憩
17:00-17:30 北インド古典音楽ミニコンサート

【場所】京都・誓願寺(新京極六角)地図
*本堂入り口ではなく、寺務所側からお入りください。

【参加費】4,000円

【持ち物】ヨガマットまたは大きめのバスタオル、
動きやすい服装、タオル、ブランケットや上着など体にかけられるもの、飲み物

【ご予約・お問合せ】 sola.kripalu@gmail.com
*ご予約の際は、お名前と当日の連絡先となる電話番号をお書き添えください。
*お気軽にお越しいただきたいので、予約制ではありますが、参加費のお支払いは当日でもかまいません。
また、当日のご予約も承ります。

・携帯電話のメールをご使用の方は、上記メールアドレスからの受信を許可する設定にしてください。
・ご連絡をいただいてから2日以内に返信いたします。返信がない場合は、大変お手数ですが再度ご連絡ください。
・最小催行人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただくことがありますので、ご了承ください。
その場合、お支払い済の参加費は後日返金させていただきます。

【ヨガ指導】
鈴木千絵(米国クリパルセンター公認ヨガ教師)プロフィール
chie_250.jpg

【出演】
シタール suzuki(marcoheibei)
suzuki250.jpg

タブラ 藤沢ばやん HP
bayan250.jpg


<北インド古典音楽とは>
北インド平野部で紀元前1000年頃より発展した音楽。
南インドのカルナータカ音楽と区別するため、ヒンドゥスターニ音楽と呼ばれることもある。

あらかじめ定められた曲を演奏するのではなく、 ラーガ(旋律ルール)とターラ(リズムルール)という
二つのルールにのっとり即興で演奏されることが大きな特徴。
奏者は、自我(エゴ)による表現を超えて、 その場に流れているエネルギーを
そのまま音として表す媒体となることが理想とされる。

「古典音楽」と呼ばれてはいるが、 常に新しい演奏スタイルが開発され、常に発展し続けているため、
インドの現代音楽とも言うことができるだろう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。