blog

TOKYO旅




久々に(?)帰省してきました。
お正月休みの代わりです。

写真は新宿東口。
東京にいたときは、こんなとこ(失礼!)写真に撮ろうなんて発想なかったかも。
でもアジアっぽいごみごみした感じは、嫌いじゃないのです。





東京到着後、偶然ヨガ仲間と会えることになり、
広尾のベジバーガー屋さんで、同期4人で1時間程おしゃべり。

といっても東京在住は半年振りに会った圭子ちゃん1人だけで、
あとはいつもの明石の今日子ちゃんと、名古屋のたまちゃんと。
みんなで写真撮ればよかったな〜
(以下、ごはんの写真ばっかりです)





翌日は、近所に新しくできていたピザ屋さんでランチ。





そして今回の帰省の裏目的、Yoga of Lifeへ!
今日子ちゃんと一緒にトシさんのモデレートクラスを受講。

このところ、時々ダイナミッククラスを開催しているので、
モデレート(中程度の運動量)とダイナミック(運動量多め)、両方受けて、
その違いを自分でも体感したかったのです。

この日のトシさんのモデレートクラスは、
「じっくり」という言葉がぴったりな、静かに深めていくクラスだった。
呼吸を使いながら丁寧に体を探る。

生徒としてヨガクラスを受けるのは結構久しぶり。
「特別な体験を求めなくていい、ただ一瞬一瞬、起きていることを見ている意識がある」
そんなことが心底腑に落ちている自分に気づき、開放感を感じた時間だった。

続いてケンさんの瞑想クラス、そして今回のメイン、ダイナミック。

ほっとくと沈殿しがちな私にとって、ダイナミックは奥から揺さぶられるような体験でした。
押し込めて見えなくなっているパワーが、体の内から勝手に溢れ出ていくような。

いま私に必要なセルフプラクティスは、ダイナミックなのだと実感。





帰り道、お腹が空き過ぎて実家まで持たないと乗り換えの新宿駅で気づき、駅そば。

翌日は朝からまきこさんの瞑想クラスに電車を乗り間違えて滑り込みセーフ、
そしてモデレートクラスを受講。

鼓舞するような音楽と共にヴィンヤサで体を温めていくクラスは朝にぴったりで、
太鼓の音に内側の力がまたも刺激される。
そうか〜、私、もっと頑張りたいんだなあ。







その後、まきこさんとランチ&ミーティング。
ウーマンズヨガ宿泊リトリート計画、進行中です♡

ほんとはここまでで今回のヨガの目的はおしまいなんだけど、4回券を買ったので、
最後に自分へのご褒美、のぶさんのリストラティブクラスに初参加。

・・・極楽、至福、でした。

そして、こんなにもリラックスできるようになった自分が、
ゆだねられるようになった自分が、嬉しかった。
これも、家でもやろうっと。





すっかりゆるんだ夜は、兄のおごりで、タイ料理。
食べ過ぎた・・・





そうしてその翌日は、夫も合流し、
みんなでとっても美味しい八丈島料理を食べに行ったのです。

おしまい。
スポンサーサイト

2015

CIMG0472a.jpg
2006 in Kanyakumari(India)

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


去年は、アシスタントとして参加していた関西初のクリパルYTTが終了したり、新しい場所でクラスを担当することになったり、ダイナミックのクラスをいくつかの場で持てたり、茅ヶ崎でウーマンズヨガ初の宿泊リトリートを開催したりと、多くの新しい経験ができた一年でした。

今年も、すでにワークショップや特別クラスの開催、そして集中コースのアシスタントなどが決まっていて、今から楽しみなことが盛りだくさん。

未だに試行錯誤を繰り返し、ときに落ち込み、模索しながら、それでも自分の中にある確かな光を信じて、喜びとともに、歩み続けていきます。



TAMISA、Studio Green、そしてNadiのクラスに来てくださっている生徒さんへ、
クリパルヨガに興味を持ってくださってありがとうございます。

スタジオのクラスではなかなか伝えきれないことも多いのですが、
定期的な練習が、体験を深めるサポートとなるでしょう。
いつでも「今、ここで自分が感じていること」を一番大切にしてあげてくださいね。

より学びを深めたい人は、ワークショップや集中コースへの参加をおすすめします。
普段のクラスでの体験が変わっていきますよ!



SOLAのクラスに来てくださっている生徒さんへ、
いつもありがとうございます。

2015年1月より受講費の改定をしました。
詳しくはこちらをご一読ください。

今年は、毎月のテーマはなくなりますが、
伏見教室では時々少人数制のWSを開催していく予定です。

京都駅教室では現在のところWSの予定はありませんが、必要に応じてクラスにテーマを持たせるなど、より体験が深まるようなクラスを行いたいと思っています。



一人ひとりが自分の中にある安らぎと繋がり、本来持っている素晴らしさに気づけますように。
恐れを越えて、ハートから望むことを、この限られた生の中で実現できますように。


2015年の特別クラス&WSスケジュールで現在決まっているものは以下の通りです。
興味を惹かれるものがあれば、ぜひご参加くださいね。


●1/5(月)
新年の月礼拝 ~ Kripalu Chandra Namaskara ~ at SOLA京都駅教室

●1/22(木)
ウーマンズヨガ・ミニリトリート~冬の深い休息~ at SOLA伏見教室

●1/31(土)
クリパル・ダイナミック(イベントクラス) at Studio Green
*しっかり動いてエネルギーを高める、運動量の多いクラスです。
通常クラスと同様にご参加いただけます。

●2/7(土)
アーサナを深める1Day集中講座~クリパルヨガのプレスポイント at TAMISA
*1/17(土)に短縮版の特別クラスも開催します。

●2/28(土)~
クリパル・ステージ1~3 at Studio Green(集中コース)
指導:三浦徒志郎
*私はアシスタントとして参加します。


みなさまにとって、素晴らしい一年となりますように。
Be Happy!

閑話。

今日は雪。

昔は寒いのが苦手で冬が嫌いだったけど、今はこの澄んだ張りつめたような空気が好き。

と、こたつに入りながら思う。笑

でもホントに、昔バイトしてたネパールレストランで冬の朝、開店準備が終わったあとにみんなで飲んだ温かいチャイとか、

夫と旅行した秋の終わりの冷たい雨が降る箱根で食べたアツアツのお蕎麦とか、温泉とか、

最高気温マイナス2度、最低気温マイナス10度の真冬のソウルで食べた真っ白い湯気が立ち上る餡饅とか、夜ご飯のあとに入った健康ランドの大浴場で芯まで温まったこととか(食べ物と風呂ばかりだな)、

記憶に残る風景は、寒さの中の温かさ。

なんか、豊かだな〜と思うのです。

ここのところ、ちょっと岐路に立たされているようで、浮いたり沈んだり。
月曜日にのみさんのWSパート2が終了し、火曜日は一日仕事、昨日は一日ぐうたらして、今朝は少し重い体で自宅のクラスの準備をした。

自宅でクラスをやっていると、場を整えるのが大変な反面、掃除をして、準備して、クラスを始めるころには自分自身も整っていくような気がして、とてもありがたい。

さて、ここからまたひとつ、前に進んでいきますよ。

物事を変化させるのには大きなエネルギーが必要で、現状維持していたほうがある意味ラクなのだろうけど、私はもう自分に嘘をつきたくないので、直感に従って進みます。

とりあえずブログに書きたいことがたまっているので、少しずつ、アップしていきますね。

みわちゃん



8月に出産したみわちゃんに会いに行ってきた。

駅まで迎えに来てくれた、久しぶりに会ったみわちゃんはいつもの私が知っているみわちゃんで、でもその腕には小さな赤ちゃんが眠っていて、ああ〜一緒にたくさんヨガをしたねえ、出てきてくれてありがとう、って、胸がいっぱいになった。

本人いわく体は痛いしストレスたまっているそうなんだけど、私には変わらず元気そうに見えて、それはみわちゃんがみわちゃんのままだったからなんだろうな。

とても自分勝手なんだけど、彼女の結婚が決まったとき、嬉しい気持ち半分、旦那さんに嫉妬の気持ち半分で(笑)、子供ができたと聞いたときも、もちろんとても嬉しかったんだけど、ますますみわちゃんが遠くにいってしまうような気がして、ほんの少しの寂しさも感じていた。

関西に来て、クリパルを広めよう!って頑張れたのは、みわちゃん、そして今日子ちゃん名古屋のたまちゃんのおかげなんだと改めて思う。

今後、マタニティや産後ヨガなどは様子を見ながら少しずつ再開するかもしれないそうです。
また“2人のクリパルWS”もやりたいねえ、それをクリパル復帰クラスにしたら?って言ったら、ひええ〜、だって。笑

あれもこれも話したいことがあったような気がするんだけど、顔を見たらそれだけでもう十分な気がした、ある秋の日の午後でした。

マイブーム2

201405031915266e5.jpg

京都のダンマバーヌ(ヴィパッサナー瞑想センター)で出てくる、プルーンの水煮。
合宿中の便秘予防というありがたい配慮だそうだけど、なにより美味しい。

食後にこれを1つか2つ食べると満足感があって、いいデザートになった。
(更に豆乳チャイかハニーレモンティを飲むと、至福)

ふと思い立って作ってから、朝晩2つずつ食べるのが最近のマイブーム。

お鍋にドライプルーンと少しのお水を入れて軽く煮て、
一晩置いて冷ますと柔らかくなり、いい具合に甘みも和らぐ。

チョコやスコーンもコーヒーのお供に最高だけど、こんな優しいスイーツも悪くない。
お腹がゆるくなるので、食べ過ぎ注意。

マイブーム



最近ハマっているのが、納豆のお味噌汁。

お味噌汁に入れるのってひきわり納豆のイメージがあって、
なんかどろどろになりそうでちょっと勇気が出なかったんだけど、
ヨガの生徒さんにそのまま入れると良いと教えてもらってやってみたら、
お豆のお味噌汁って感じでとっても美味しい!

今日は残り物のきゃべつのお味噌汁に納豆と鰹節、ごま油、七味を入れて。

あまりお腹がすかなかったので(ここんとこ食べ過ぎだった)、
たっぷり作ってこれが今日のひとりランチ。

あったまる~



Borsch

2014_2_7.jpg


今日からロシアで冬期オリンピック開幕、なんてこととは無関係に(知らなかった)、
ボルシチ作ったー

Wikipediaのボルシチの項に載っていたレシピを参照に。
元々はウクライナの伝統料理なのだそうです。

最近お野菜を定期宅配で頼んでいて、時々それには珍しい野菜が入っているのだけど、今回は"ビーツ"が入っていたので、
ビーツといえばボルシチでしょう!ってことで、作ってみました(お肉の代わりにレッドキドニーで)。

ただ、私も夫もボルシチを食べたことがないので、着地点のわからぬまま。
サワークリームの代わりにクリームチーズ乗せてるし。

だけどだけど、びっくりするぐらい美味しかった!
ビーツすごい!ビーツ美味しい!
包丁が真っ赤に染まってホラーだったけど(笑)

隣の駅(藤森)にできた素敵なパン屋さん「eight」のパンと、
これまた宅配野菜に入っていたポロ葱と本しめじをグリルしたものを一緒に。

日曜日からクリパルYTTのリトリートのアシスタントに入るため1週間ほど料理ができないので、
使える野菜は使っとこうと思ってできた献立なのだけど、
雪のちらつく夜にはもってこいの、あったか幸せディナーになりました。

風邪引いた

先々週のことだろうか、朝起きたら猛烈に喉が痛かった。
毎年この時期になると風邪を引いているような気がする。
ちょうどTAMISAの忘年会の辺りでいつも体調を崩している記憶があるから間違いない。

それでもどうにかこうにかクラスはほぼ行い、西洋医学と"お手当"の両方にお世話になった。

お手当系は、梅生番茶に塩うがい、クラスに来てくださっている方に教えてもらった蜂蜜大根。
そして極めつけは枕元に玉ねぎ!

咳が止まらないと寝付けなくて体力を消耗するので夜は咳止めシロップも服用していたのだが、
気管支炎になってしまったようで、乾いた咳はなかなか収まらない。
肺が痙攣するような感覚。そして咳のしすぎで肋骨が痛い・・・

そんなとき、以前ネットで見て試したことのある
「皮をむいて半分に切った生の玉ねぎを枕元に置く」というのをやってみた。

玉ねぎの匂いのなかで眠るだなんて、なんだか笑ってしまうような感じであまりやりたくなかったのだが、
これがてきめんに効いた。

部屋は玉ねぎ臭くなるけど(笑)、咳で眠れない夜にはおすすめですよ。

さて、そんなわけで2週間近く、クラスのない時間は夫とも言葉を交わさずに喉を休め
(ジェスチャーや筆談をしていた)、ひたすら横になって体を休めていた。

風邪を引くと、ストレンジな夢を見ますね。
そしてとうの昔に忘れていたような、なんてことない記憶がふいにありありと蘇ったりして。

そんな起きているのだか寝ているのだかよくわからない時間は、不思議と私の心をクリアにしてくれたようで、
なんとなく今後の自分の方向性が見えてきたような気がした。

私はやっぱり旅が好きで、でも長い長い旅は結局「日常」になってしまうことも知っていて、
私が求めるものは、このいつもの日常のひとつひとつを旅の途中のように味わうことなんだ。

今はもうテレビはないけれど、ネットからもなるべく離れて、本を読んだり、お茶をしたり、
景色を見たり、朝風呂を楽しんだり、ヨガのクラスをしたり、そんなひとつひとつを丁寧に味わいたい。

私の喜びは、きっとそこにある。

で、年末にむけて更なる断捨離をしようと決意した次第。
一切の持ち物がスーツケースひとつに収まるぐらいが理想なんだけど・・・いくらなんでもそりゃ無理か。

子猫の里親募集中!

先週の土曜日から、自宅で子猫を保護している。
春に自宅隣の小屋で生まれた3兄弟のうち2匹。

彼らがほんの小さな頃から見守っていて、何度か保護は考えていたのだけれど、
お母さん猫に威嚇されるため、子猫に近づくことができなかった。

最近子猫だけでいるなーと思っていたら、そうか、野良猫って子離れしちゃうのね〜。
1匹はお母さんと同時期に行方不明、かなりかわいい子だったので、だれかに拾われているといいなあ。

子離れに気づいてからというもの、ゴハンを家の中で食べさせたりして、少しずつ慣らしていた。
もともとうちの近所は猫好きが多いようで、野良のわりには人間に慣れているのだけど。

そんなこんなで先週の土曜日のこと。
家の中からふと窓を見ると、外のフェンスに超巨大なカラス(子猫目線)を発見!!
見下ろすその視線の先って、もしかして子猫たち??

驚いて窓を開けたら、すぐに子猫たちが走ってやって来て、家に逃げ込んだ。
そのまま窓を閉めて鍵をかけ、捕獲完了。あっけなかった。

先日の大雨を考えると、このとき保護しておいてよかった・・・

・・・というわけで、子猫の里親募集中です!
生後推定5-6ヶ月のオスとメス。どちらもかなりの美猫ちゃん。
大切にしてくれる里親さんを待っています。

◎一郎(仮)♂ *写真上
写真 1-1a

栗毛、まんまるの目がかわゆい。
猫じゃらしで遊ぶときは一郎の方が本気。
三郎にゴハンを横取りされても怒らない、優しい子。
まだちょっと怖がっているけど、さわらせてくれます。

◎三郎(仮)♀
saburo1.jpg

焦げ茶、かなり小柄。
ちょっと抜けてるおてんば娘。
小さいけどよく食べる。ほっとくと一郎の分まで食べようとする。笑
多少警戒はしてるんだけど、こないだまで野良だったとは信じがたいほど人なつこいおしゃべり猫。


ちなみに今日、窓の外にでっかい野良猫の姿が。
うなり声を上げる三郎、よく見るとめっちゃ震えてる!
一郎はさっとその場から逃げて、賢い子。

そして三郎はそのまま、腰を抜かしてしまいましたとさ・・・笑
猫が腰抜かすの初めて見た。
かわいそうだけど、可愛くて笑ってしまった。

IMG_3990a.jpg
保護する直前。左が三郎、右が一郎。

写真 3a
みんな一緒だった頃の写真。

ちなみにいま実家にいる最愛の猫「花さん」も、キジトラちゃん。
キジトラは美人が多いのね〜(親バカ)

*募集は知り合いの方か、そのお友達までとさせてもらいます。
近郊なら車で伺えます。
猫好きの人、見に来るだけも大歓迎♪

*というわけで、現在自宅(伏見クラス)にて子猫を2匹保護しています。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承の上ご参加ください(空気清浄機を導入しました☆)

五条ゲストハウス

IMG_3287c.jpg

私が京都に来てから2年間働かせてもらった、愛する五条ゲストハウス。
退職した今でもときどき遊びにいっている、クリパル仲間にもひそかに人気の宿。

ホテルや旅館と比べると不便もあると思うけど、それ以上に暖かく、人とのつながりを感じさせてくれるような場所。
(建物自体は築100年の元料理旅館を改装した、町家っぽい雰囲気)

人とたくさん話したければそうできるし、静かにひとりのスペースを守ることもできる、そんな場所。

最近は元スタッフ仲間のアキちゃんがTABI-BITO食堂として帰ってきて、ビーガンご飯を提供している(超おいしい!)

IMG_3397c.jpg

食事だけ、お茶やお酒だけ、と、カフェとしても利用可能です。

ハイシーズンには混雑することもあるけれど、普段は本当に時間がゆっくり流れている。
働いていた当時、ふと空を見上げては、旅を思い出していた。

最近五条ゲストハウスのホームページがリニューアルして、さすがにもうないよな〜なんて「リンク」のページを見てみたら、まだ "スタッフのページ" のところに私の名前があったので、ちょっと感激してしまった。

しかも当時は前のブログへのリンクだったはずが、退職してから作ったホームページへのリンクに変わってるし!ありがとう!

東京から夫意外知り合いもいない京都に引っ越してきた私にとって、五条ゲストハウスはまるで親戚の家みたいだった。

困ったことがあっても、あそこで誰かに相談したらきっとどうにかなる、そんなふうに思える心強さがあった(家出したら駆け込もうと思ってた。笑)

私が今こうして関西で安心してヨガのクラスができているのも、五条のお陰です、本当に。
当時のオーナーえいじさんには、感謝してもしきれない。
ちなみに現オーナーの中西くんは、ヨガ男子ですよ〜

◎五条ゲストハウスホームページ
*本館に男女別ドミトリーと2〜4人部屋、別館にシングルルームと2〜4人部屋があります。
*カフェは禁煙ではありません。

写真に思うこと



元職場の五条ゲストハウスに泊まりにきていたしおりちゃんが京都で旦那さんと始めたお店「やまのは 珈琲と髪」の屋上で、五条ゲストハウスの現スタッフかじくんに借りた一眼デジカメで、こないだの金曜日、夫に写真を撮ってもらった。

写真は本当は苦手なんだけど、髪をショートにしてからのプロフィール写真と、HPのヘッダーに使う写真がほしかった。

途中から風が強くなってしまってプロフィール写真は撮れなかったけれど、HPのヘッダーはなかなか好みな感じに出来上がった。

嬉しい反面、こういうことをするといつも、前に出すぎ?
と不安になってしまう。

だけど京都にきて4年、「関西にクリパルを広めたい」という意図のもと活動をしてきて、
「私が、私が」と主張しすぎることもエゴだけど、
「私なんて」と自分を引っ込めてしまうこともエゴなのかもしれない、と思うようになった。

エゴも大切な自分の一部だから、それ自体が悪いわけではなくて、ものごとはいつでもニュートラル。
ただ、それを知ることで全体を見渡すことができて、じゃあ私はどうありたいのか?
と選択肢が生まれる。

私は、関西にクリパルヨガを広めたい。

それは多分、使命感とかだれかを助けたいとか崇高なことでは一切なくって、大好きな空間、大好きな場、大好きな輪が自分の近くにいつもあったらいいなあという、子供みたいに単純な「好き」がベースにあって、きっとそこが私の土台なのだろうと思う。


一人旅

2013041215403902d_convert_20140228114646.jpg

一人旅が好き。

今まで趣味は旅行と書いていたけれど、本当に好きなのは一人旅だと、最近気がついた。
夫や友達との旅行はもちろん楽しいけれど、それはまた別物。

ひとりで、特に海外を旅行すると、なんだか力がみなぎってくるというか、自分の生命力に触れられるような気がする。

自分の足で立っている感覚を強く感じられるからかな。
広い世界の中に、確かに私が存在している、そんなことを感じられるからかもしれない。

荷物は基本的に、自分ひとりで背負えるだけ。
だけど大好きなコーヒーや、そのための湯沸しコイルは忘れずに!

このブログのヘッダーの写真*は、前にも書いたけれどインドはバラナシの、ゲストハウスの屋上。
このときは一人旅ではなく、彼(現夫)と一緒なのだけど、ひと月ほど別行動をしたあとに、夫のいるバラナシにようやく到着したところ(夫は日本人です、念のため)。

そのせいか、なんだかこの写真を見ているだけで、力が湧いてくるような気がするのです。
最近あまり一人旅はしていないけれど、そんなふうに日常を生きられたらいいと、強く思う。


*追記:テンプレートを変えたため、ヘッダーの写真がなくなりました。
こんな写真でした〜
chieblog11_convert_20140228114730.jpg

木のうつわ



こないだの帰省時、ふいにお母さんが持たせてくれた、木のボウルとスプーン&フォーク。
相当年季が入っているけれど、まだまだ使える、むしろいい味が出てる。

子供のころから、サラダは大抵、大好きなこの器に入っていた。
ボウルに直接材料を入れて、スプーンとフォークでざっざっと合えて、そのまま食卓に出すの。

原体験だからか、ずっとこんな木のボウルとスプーン&フォークがほしいと思っていた。

うちは祖父母が早くに亡くなっているし、あんまり代々受け継がれてきたものはないのだけれど、
それでも、思いがけないいろんなことが、私の中に脈々と流れていることに気づかされる。

だって、カレーライスには断然マカロニとゆで卵とポテトのサラダだし!



この日はシチューに、スナップエンドウとゆで卵のサラダ。

大切なものが、またひとつ増えた。


新しいブログ

新しいブログになりました。
どうぞよろしくお願いします!

自分を前面に出すのは得意じゃないけど、少しずつ出していきます。
関西にクリパルヨガを広めるために。
ありのままの自分で、みんなと繋がれるように。

ヘッダーの写真は2007年頃の、インドはバラナシのゲストハウスの屋上です。
ちょうどリシケシでヨガのティーチャートレーニングを終えて、バラナシで夫(当時彼氏)と合流した辺り。
写真真ん中辺りにちらりと見えているのがガンジス川です。


*追記:テンプレートを変えたため、ヘッダーの写真がなくなりました。
こんな写真でした〜
chieblog11_convert_20140228114730.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。